皮膚科で症状を伝えるポイント-皮膚科の口コミ
皮膚科で症状を伝えるポイント-皮膚科の口コミ
皮膚科で症状を伝えるポイント-皮膚科の口コミ
皮膚科で症状を伝えるポイント-皮膚科の口コミ
口コミ投稿によりメールアドレスやIPアドレスが公開されることはありません。『ヤラセ』や『宣伝』ではない真実の口コミが、皆さまの婦人科・産婦人科選びの参考になります。
Top > 皮膚科で症状を伝えるポイント

皮膚科で症状を伝えるポイント

皮膚科を受診するとき、医師に伝えるポイントは以下の通りです。
事前にメモをしておけば、スムーズに診察できます。

1.症状はいつから、どれくらいの頻度で?

症状が出ている期間。また、症状は日に日にひどくなっているのか、突発的に現れたのか?

2.症状がある部位は?

症状が軽度の部位も伝えるようにしましょう。

3.皮膚疾患の症状を具体的に伝える

湿疹があるのか?痛みや痒みは?どんなときに不快なのか?

4.受診する前に行なった治療や対処は?

他の病院へかかった?市販薬、処方箋は使ったかなど(薬の名前も伝えましょう)

5.皮膚疾患以外の症状はありますか?

熱がある、食欲がないなど。

6.本人や家族のアレルギー歴は?

アトピー、アレルギー性鼻炎、喘息などがあれば伝えましょう。

7.現在治療している病気や病歴は?

持病、服薬中の方、また病歴も。女性は妊娠の有無も伝えましょう。

よく読まれている記事