東京都墨田区-東京都立墨東病院-皮膚科の口コミ
東京都墨田区-東京都立墨東病院-皮膚科の口コミ
東京都墨田区-東京都立墨東病院-皮膚科の口コミ
東京都墨田区-東京都立墨東病院-皮膚科の口コミ
口コミ投稿によりメールアドレスやIPアドレスが公開されることはありません。『ヤラセ』や『宣伝』ではない真実の口コミが、皆さまの婦人科・産婦人科選びの参考になります。
Top > 東京都 > 東京都墨田区 > 東京都墨田区-東京都立墨東病院

東京都墨田区-東京都立墨東病院の口コミ

住所:東京都墨田区江東橋4-23-15
電話番号:03-3633-6151

MAP地図はこちら

78件の口コミ

コメントを残す

メールアドレスやIPアドレスが公開されることはありません。
気軽に投稿してください。

管理人が「やらせの口コミ」「宣伝目的の口コミ」「誹謗中傷目的の口コミ」などを精査のうえ掲載しますので、2~3日後に掲載となります。画像を選択しない場合、評価を基準に画像が選ばれます。
確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。

    (なつみ)
    投稿日:2017/01/30
    ■症状と来院までの経緯 妊娠中に割れるような頭痛を感じ、地元の産婦人科で妊婦検診を受けたところ、妊娠高血圧症の疑いがあることからその場で救急車を呼ばれ、墨東病院へ搬送されました。 ■看護師や受付・スタッフの対応について 患者に対してにこやかに対応してくれていますが、やはり忙しく大変な仕事なのだろうなと感じる場面が何度がありました。NICUにもお世話になりましたが、皆さん優しくて、本当にありがたかっ・・・・・
    たです。ただひとつだけ、赤ちゃんへのお世話のやり方を教えていただく時、人によってやり方やコツが違うために、どうするのが1番いいのかがわからなくなったことがありました(なかなかミルクを飲まない赤ちゃんに対しての効果的な飲ませ方など)赤ちゃんの世話はマニュアル化できないので難しいですね。 ■診察までの待ち時間や混雑度 退院後の定期検診では、患者さんがとっても多いからか、予約時間通りに行ってもとても待たされることが多かったです。受診する科にもよるかもしれませんが…。 ■施設の清潔感・充実度 大病院ですので、設備の充実度はこれ以上のところはなかなかないのではないかと思います。歴史のある病院ですが院内は綺麗で清潔感があります。欲を言えば外来用のトイレがもう少し清潔だといいと思います。 ■医師の診断・治療法・説明について 搬送後、命の危険があることから赤ちゃんが摘出され出産となったのですが、帝王切開の傷跡はとても綺麗で、糸も身体に溶けるタイプのもので抜糸不要で、退院後に痛むこともありませんでした。入院も1週間ほどで済みました。病院食もとても美味しかったです。 ■実施した検査や処方薬について とても綺麗な設備で様々な検査を受けることができました。とても大きな病院で、大きなビルになっており、様々な科がひとつの建物に入っているので、色々な精密検査を同じ病院内で受けられるのが良かったです。 ■診療を受けての全体的な感想など とにかく大きな病院です。一番驚いたのは会計で、1階にある会計エリアはとても広くて、いつも100人以上は会計待ちの人がいたように思います。それをスピーディに会計しなくてはならないので、順番待ちは整理券にて管理され、支払いは自動精算機で行います。(費用自体は出産一時金でまかなえたため自己負担はありませんでした) あと当たり前のことなのかもしれませんが、30年以上前に私の母が私を出産した時のカルテが残っており、結婚して新姓となった私のカルテをすぐに見つけたのがすごいと思いました。現在産科は新規の外来を受けていませんが、このような形で母と同じ病院で出産したことに縁を感じます。
    (40代)
    投稿日:2016/01/10

    外来では内科でひとくくりにまとめられていますが、実際は、専門外来に細分化されており、各部門で先進的な医療が行われています。
    墨東ERの名の通り、救急に力が入れられており、夜間においても吐下血に対する緊急内視鏡や、脳卒中に対する血栓溶解療法などは内科が積極的に介入しており、24時間高度な医療が提供されています。

    (30代)
    投稿日:2015/12/12
    東京区東部の基幹救急病院として、東京ER(365日24時間様々な救急患者に対応できるよう都立病院の一部に開設されている総合救急診療科)が開設されています。 特に救命センターは24時間専属医師とその下で勉強するレジデント(研修医)が対応にあたり、チームワーク良く患者さんを診ていると思います。 忙しくばたばたしている中でも、公立病院ですから、患者・家族へのムンテラ(病状などの説明)なども、比較的丁寧に・・・・・
    行われている印象です。
    (20代)
    投稿日:2015/12/12

    東京のハイリスク妊産婦さんを取り扱っています。
    NICU(新生児集中治療室)も併設されており、超早産の未熟児も高い救命率を誇っています。
    母体搬送も取り扱っており、地域の産科救急を請け負っています。
    ただし、ハイリスクを多く扱っている以上、リスクのない妊婦さんに関しては取り扱うことができないです。
    また、非常に外来は込み合っていることがあります。

    (40代)
    投稿日:2015/12/11

    都内の総合周産期センターとして、最大の母体搬送受け入れと、有力な新生児治療のタイアップで、指折りの周産期医療を実践している病院です。
    スタッフ数も教育体制も十分で、満足度の高い医療が提供できていると評価されます。

    (20代)
    投稿日:2015/12/11
    地域を統括する病院であり、救急搬送される患者を多く受け入れています。 特に3次救急(重症患者に対する救急医療)は高度な医療を備えており、高エネルギー外傷などの高い救命率を誇っていると思います。 1~2次救急(軽症~中等症)も幅広い疾患を扱っており、緊急で内視鏡やカテーテル治療などができます。 ただ、救急外来は非常に込み合っており、円滑な対応ができない場合もあります。 患者さんには、救急外来であると・・・・・
    いうことをご配慮いただければと思います。
    (カンパニー勝元)
    投稿日:2015/11/26
    ■症状と来院までの経緯 一週間以上40度を越える発熱と喉の痛みがありました。最初は町医者で処方された薬で様子をみましたが、熱が下がらない事と頭痛もあった為に病院へ行きました。 ■看護師や受付・スタッフの対応について 医療ミスがないようバーコードですべて個人コードが管理されておりました。特にスタッフの方は一時間おきに見回りに来てくれて、体調などを気遣う配慮もしてくれました。 ■診察までの待ち時間や混・・・・・
    雑度 非常に混雑していて、ランクによって順番が前後していました。かなり待ったので応急が必要な人には厳しいかもしれません。しかし、本などは沢山あり暇はしないと思います。 ■施設の清潔感・充実度 感染病棟は出来たばかりということもあり、非常に清潔でした。特に個室は非常に広く、またトイレや洗面台も独立していて清潔感は最高に満足しました。 ■医師の診断・治療法・説明について 検査結果は数値を元に非常にわかりやすい説明がありました。治療法についても常に選択させてくれるようになっており、主治医の先生からオススメの提案もありました。痛みもなく難なく治療できました。 ■実施した検査や処方薬について 血液検査から検査がスタートしました。その後、発熱と同時に頭痛もあった為、MRIとCT検査も行いました。髄膜炎の可能性もあるとの事で髄液を摂取して検査も行いました。当面は栄養分を摂取するため点滴で治療を受け、その後は抗生物質で経過をみました。 ■プライバシーへの配慮について 特に今までの病歴などしか聞かれず、プライバシーに関しては気にすることもありませんでした。同性の担当者が多く特に気遣うところもありませんでした。 ■診療を受けての全体的な感想など 病院自体は非常に清潔感があり、またオープンな作りになっているので入りにくい雰囲気はありません。スタッフ全員が対応も良く、またこの病院へ通院しようと思うほど良い病院でした。
    (ripei)
    投稿日:2015/11/04
    ■症状と来院までの経緯 急に嘔吐が始まり、続いて下痢、悪寒と長時間にわたってなかなか良くなる気配が無いため、墨東病院に行きました。正月明けの祝日の為、緊急外来に行きました。 ■看護師や受付・スタッフの対応について 緊急外来のスタッフということで、みなさんきびきびとした動きで無駄がなく、統率されている印象を受けました。会計のスタッフは完全に別の業者が入っていたので、スムーズでした。 ■診察までの待ち・・・・・
    時間や混雑度 緊急外来で90分待ちなら、短い方だと言われていましたが、大きな病院であることや危篤の患者さんもいらっしゃることを考えると、まだこれくらいで良かったと思います。 ■施設の清潔感・充実度 かなり大規模な病院であるため、設備については問題ないと思います。スタッフも清掃員も多いので、そこらじゅうできれいに清掃している人がいました。 ■医師の診断・治療法・説明について 急性胃腸炎ということで、とにかく水分を点滴による補給で補い、体内を浄化させて症状が治まるのを待つしかなかったため、とりたてて変わった診察はなかったです。 ■実施した検査や処方薬について 下痢と嘔吐が長時間続いていたため、すぐに点滴の投与が始まりました。水分補給による、脱水症状を止めるためという説明でした。水分を口から摂取すると、嘔吐してしまうため、点滴でよかったです。 ■プライバシーへの配慮について 大きな部屋にカーテンの仕切りで点滴を受けている人は数人いましたから、それぞれの話し声が聞こえることは仕方ないと思います。緊急外来という性質上、やむを得ないでしょう。 ■診療を受けての全体的な感想など 大病院であるという安心感は、他の病院では味わえないものです。待ち時間の時も、看護師が症状を聞きに来てくれたのでいざというときにも対応してくれる雰囲気がありました。
    (ゴン)
    投稿日:2015/11/01
    ■症状と来院までの経緯 風邪がなかなか治らず、だんだんと熱が高くなるようになり、食欲もなくなってきたため、通常の風邪とは違うと判断し、病院に行きました。初めは近所の小児科に行き、紹介状を出してもらい、墨東病院に行きました。 ■看護師や受付・スタッフの対応について 小児科専門のスタッフなので、子どもと親への配慮には長けている感じでした。 見回りの際も、必ず声をかけ、励ましていただいたのが良かったです・・・・・
    。泣いている子どもにも慣れているので、安心できました。 ■診察までの待ち時間や混雑度 大型病院であること、小児科は特にいつの込み合っていることで、いつも待ち時間は長いです。30分以上待つのは普通といった感じなので、予約がないと大変です。 ■施設の清潔感・充実度 大きな病院の小児科で、子どもが本を読んだり遊んだりする場所でも、清掃の方が頻繁に入るので、とても清潔でした。トイレなども臭いがなく、とにかく消毒しているという感じでした。 ■医師の診断・治療法・説明について 幼い子どもであること、高熱が長期で続いていることから、通院ではなく、入院を薦められ、すぐに入院することになりました。アレルギー反応の有無、薬の副作用についてはかなり詳しい説明があり、とにかく点滴で体力温存をはかりました。 ■実施した検査や処方薬について まずは血液検査、そのあとレントゲン、内診をしました。子どものため、アレルギー検査も行っていました。抗生物質が下痢を起こさせるため、下痢止めと整腸剤も処方されました。 ■プライバシーへの配慮について ブースに分かれて数人の医者による内診があります。 それぞれのブースは離れているため、他の患者の声は聞こえません。入院病棟は大部屋のため、カーテンひとつで区切られているので気をつかいました。 ■診療を受けての全体的な感想など 大きな病院にいて、たくさんのスタッフと医者がいるというのは本当に心強いものでした。通院して、不安な夜を過ごすよりも入院したことで早く良くなったので結果的に負担はあったものの、本人のためによかったと思います。
    (病は気から)
    投稿日:2015/06/23
    ■症状と来院までの経緯 咳と発熱の症状があり、地元のクリニックで診察を繰り返した所、肺結核である ことが判明。専門医の受診を勧められ、クリニックの紹介状により同病院へ転院。法定伝染病であるため、通院と同時に居住区の保健所に届出。 ■看護師や受付・スタッフの対応について 看護師や受付の対応は的確、問題ありません。 ■診察までの待ち時間や混雑度 予約をしていても、前の診察が長引くことはあり、30分の待・・・・・
    ち時間だったとしてもやむを得ないと考えています。 ■施設の清潔感・充実度 所在地が江東橋と下町にあり全体に年配者の受診者が多く、また都立病院なので建物もやや古いですが、ERの指定病院になっていたり、施設自体は充実しており都内でもトップクラスではと思います。 ■医師の診断・治療法・説明について 病状の程度を測るため、検体検査のほか、血液検査とレントゲン検査が丁寧に行われました。また誤診を避けるため、HIVなど他の感染症もあわせて検査され、これらは陰性で問題ありませんでした。医師の処方により快方に向かいましたので適切な診断だったと思いますし、説明を丁寧に行ってもらいました。 ■プライバシーへの配慮について 感染症科なので、他の受診科とはほぼ別棟になっており、ドアなども自動扉になっており、接触感染がないように配慮されていますし、なるべく目立たないように受診できるのもよかったと思います。 ■診療を受けての全体的な感想など 全体としては、非常に適切な診療をして頂いたと思っています。結核の場合は3年の経過観察が必要になりますので現在も定期通院しています。保健所とも連携を取って頂いているので安心しています。
    (30代)
    投稿日:2014/04/03
    過去にこちらの病院で勤務していました。 3次救急もしている地域の中でも大きい病院です。 更に救命救急センターの増改築もしており、ますます地域の中でも重要性を増してくると思います。 救命救急センターの医長は執筆もされている有名な先生です。 周囲の医療機関とも連携しています。 都立病院なので、入院費用なども私立病院に比べると安価だと思います。 看護師も教育に重点をおいており、ベテランの看護師が多い職場・・・・・
    です。 (QLife事務局より:費用等は変更される場合があるので事前に医療機関にお問い合わせください。)
    (30代)
    投稿日:2014/04/01

    看護師はじめスタッフの研修体制がしっかりしているので、その日の担当スタッフによる提供ケアの差が少ないと思います。
    特に病棟看護師に関しては、チーム制を導入しており、担当スタッフ以外にチームのリーダーが、日々の業務内容や治療計画について目を配っているので、相談したり困ったことを言いやすいと思います。

    (50代)
    投稿日:2014/02/21

    消化器系の病変の早期発見に力を注いでおり、小さな病変も見落としに気をつけて診断検査に当たっています。
    外科との連携で万一手術を要する症例でも、院内収束型(病院内だけで必要な診療措置が完結する)の診療連携体制で患者さんが安心して治療に臨めるような体制が整っています。
    基本的には予約、紹介状を要しますが救急の場合も十分対応できるシステムで診療にあたっています。

    (40代)
    投稿日:2014/02/15

    非常に患者思いの先生が多く、連携が優れていると思います。
    患者様の説明に時間をかけ、納得いくまで話します。もちろん、患者数が多いのでよしあしがあるのですが、 診ていただく患者さん目線で見るといいことだと思っています。
    都立病院としての位置づけもあり、軽度の患者様が多いと支障をきたすのですが、今後も患者さん目線での治療を続けていきます。

    (30代)
    投稿日:2014/02/14

    看護師の研修制度がしっかりしており、新卒の看護師のフォロー体制も整っているので、その日の担当看護師によって受けるケアの違いが少ないです。
    チームで患者さんを担当しているので、例えば一人に対して不信感を抱くようなことがあっても、他のスタッフに相談したり、頼ることができます。
    ベテラン看護師も多いので、比較的安心感があると思います。

    (50代)
    投稿日:2014/01/27

    地域の基幹病院で、地域で診られない患者さんを診ています。
    なので基本は新患を取りませんが、どうしても地域の病院では診られないと判断した事例のみ取ります。
    心理療法の方が相談には乗ってくれますので、相談は来てもらっても大丈夫です。
    見ている患者が少ないので待ち時間は少ないです。

    (40代)
    投稿日:2014/01/26
    東京ER(救命救急センター)が標榜されているとおり、東京東部地域の広範な医療圏を担っています。 新しい病棟も新設中で、1年後にはオープンの予定です。 脳卒中ユニットも新設される予定となっており、循環器・脳卒中診療は今後地域の中核病院となるでしょう。 「内科」の標榜でまとめられてしまっていますが、中では臓器別に専門医がおり、最新の医療設備で最先端の治療が受けられます。 特に神経内科に優秀なスタッフが・・・・・
    揃っており、脳卒中、認知症、パーキンソン病などの神経難病、髄膜炎や脳炎といった神経感染症など幅広い診療を行っています。 また感染症科があるのが特徴で、HIV診療や輸入感染症の拠点病院となっています。
    (50代)
    投稿日:2013/04/18

    夜間の緊急入院があり、ほとんどは転院となりますが、一部症状や背景によってはこちらに入院となります。
    病名告知から疾病教育が始まり、ケースワーカーや心理士、薬剤師等とチームで、患者の退院と自立に向けて取り組んでおり、患者のための医療に取り組んでいます。
    患者の権利の保護や、個人情報の保護にも積極的に取り組んでいます。

    (Q)
    投稿日:2012/02/18
    子供がRSウイルスに感染し、こちらの病院で入院しました。 月齢が2ヶ月と小さかったことから、先生もとても真剣に対応してくれて、安心しておまかせることができました。 調子がよくなって、RSウイルス自体は完治し、退院したあとも『なにかあれば近くの病院でもいいという状態ですが、月齢が小さいので私たちとしては、完全に手放すには不安なので、もう少し自分たちで様子を見たい』といってくださりました。 自宅からは・・・・・
    遠いのですが、接しやすく詳しく説明してくださるので、通いたいと思います。

東京都墨田区-東京都立墨東病院のmap

   

よく読まれている記事